第1回:タマ

・またの名は「国松 魂三朗」

・身長は約165cm

・青みがかった銀髪

・瞳はブルーグリーン

・永遠の少年! 永遠の16歳!(鼻息)

・空は飛べそうな気もする

・でも泳げない

・単細胞、短気、むこうみず

・武士曰く「足が長い」

・本人曰く「かわいい」

・ポルカ曰く「床上手」

・左目の下のホクロは特注で入れた惑星ポルカの印

・いわゆる「三大欲」に対し非常に忠実である

・雑食だが、やはりスイーツ系が大好物である

・魔女っ子に憧れてステッキを携帯している

・彼が「魔法」と称するものはポルカ仕込の催眠術

・作中で彼が二人にかけた魔法は何だったのか・・・

・「恋に落ちる魔法」だったのかもね☆ ミャハ☆

・・・・というのは冗談で。そろそろネタが無く・・・

・受攻両方いける仕様 でも基本は襲い受です

・スイとの「お医者さんごっこ」はつまり・・・

・お前らそんな淫らな関係で「双子」と申すのか!

・で、ラストの2年後も武士とは進展しておらず

・気持ちは繋がってますが身体はまだ、みたいな



第2回:スイ

・またの名は「国松 粋四狼」

・身長は約165cm

・青みがかった銀髪

・瞳はブルーグリーン

・永遠の少年! 永遠の16歳!(鼻息)

・キレると恐い とにかく怖い

・普段のあの口調は初期仕様。感情が昂ぶると変化

・「まずは相手の胃袋を掴め!」恋愛特集記事を読み

・料理に目覚めるが、その腕前は壊滅的であり

・今後、ミツルは髪の毛より胃袋に注意が必要

・ミツル曰く「猫みたい」

・リエちゃん曰く「お人形さんみたい」

・口元右のホクロは特注で入れた惑星ポルカの印

・いわゆるツンデレだが

・「デレ」部分はミツルにしか発動されない

・とにかくミツル一筋 非常に献身的ではある

・受攻両方いける仕様  でも基本は誘い受です

・実際「お医者さんごっこ」は好きらしい

・2年後の姿は前下がりショートカットに(私の趣味)



第3回:国松 武士

・身長は約162cm 2年後は15cmほど伸びる

・サラサラの黒髪に奥二重

・なんといっても特徴は 「八の字まゆげ」である

・タマから「ハッチ」と命名される

・両親は死亡しており、歳の離れた兄と二人暮らし

・兄の名は「臣士(しんじ)」 、陽気なオカマさん

・今時、化石のような純情少年である

・部屋にエロ本隠してたりなんてしてません

・ちなみに彼は本編主人公ではありません

・タマ曰く「お人好し」

・スイ曰く「お人好し」

・実は内弁慶である

・クラスに佐倉という同じく地味系の友人がいるが

・彼はメガネキャラという美味しいポジションだと

・本気で思っていたりする ややオタク入ってます

・実際「萌え」という言葉を使ったりもしてるし・・・

・成績は良いが、けっして利口というわけではない

・据え膳食えずに男の恥を晒してしまった訳ですが

・タマと心は通ったものの、身体の関係にはなれず

・へタレチキン万歳

累計:
本日:
昨日: